FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

18、19シーズンのみだけど

最早知らない人のほうが少ない(と、思う)、有野課長のゲームセンターCXですが、
ふとyoutubeを見たら、公式が一部のシーズンをまるまるUPしてくれてたようです。
公式なので画質もよいのが利点です。ただ、CMがやたら多いですけどねw
何度、碇ゲンドウがヒゲを剃るCMを目にしたことやら^^;

公式チャンネルの一覧はこちらになります。うーん太っ腹。
これなら手元でスマホぽちぽちするのも苦行にならないというものです(おい)。

4つほど見た中で、一番面白かったのはこちら。


元ゲーは知らなかったけど、これみてたら逆にやりたくなってきました。
ストーリーはバカボンが「『バカ田大学』の人たちにママとはじめちゃんが連れていかれた!」
と、泣きながらバカボンのパパに言い、それを聞いたパパが「こうしてはいられんのだ!」と「バカ田大学」に乗り込むという話です。
…あちこちにトゲがあったり、火の輪があったり、ライオン何匹も飼ってたりと、バカ田大学って一体全体どんな大学なんだと問い詰めたくなるMAP構成ですがw

まず第一に思った事として、ライフ0になった時の死に方が斬新すぎます…バカボンだからできた表現なんでしょうかね? その後のコンティニュー画面で包帯まみれになってるあたり、死の世界からぎりぎり生還してきたのでしょうか。
高いところからジャンプして、着地したはいいけど足が痛くてしばらく動けなくなる(傘をだしてゆっくり着地で回避可能)バカボンのパパに思わず笑いがこみあげます。しっかりライフも減る仕様。なお、ジャンプ時にライフが僅かな場合、着地ダメージでしっかり死んでご臨終して天に召されます…スペランカー先生かよっ! いや、あっちは身長以上からおちると即死するから比べ物にならないほど虚弱体質ですが。
ちなみにダッシュして壁にぶつかってもライフ減るようです。もちろんライフが僅かだと(ry)。
全力ダッシュで土管に顔面ぶつけてもダメージ一つ負わないスーパーマリオが頑丈すぎるのでは?という錯覚にすら陥ります。いや、ゲームとしてはマリオのほうがただしいんでしょうけど。

壁のぼりや、腹巻からいちいち傘を出すときのアクションなど、ひとつひとつとってももっさりですが、バカボンパパの年齢を考えるとやたらリアリティがあるのが切実に伝わってきますw
どっかでいわれた「何でRPGの主人公ってみんな若いの?」「歳を取ると一晩寝ただけじゃ全回復しないから」というやり取りを思い出しました。

難易度は高いけど、原作愛にいろんな意味であふれた一作のようです。リアルタイムでやりたかったなぁ。多分笑い転げながらプレイしてると思うw
スポンサーサイト
コメント

だからこそのバカ田大学

こんばんは。

訳分からんマップだからこそ
「バカ田大学」なんでしょうね。(笑)

動きはもっさりしていますがファミコンの割に良く動く名作ですよね。
有野氏の死んだ時の「安らかやな~」は印象的(笑)

フリーダム過ぎます

こんばんは、髭人さん。
コメントありがとうございます。

態々「バカ田大学」などという素っ頓狂な大学名を名乗ってるだけあって、その名前にふさわしい大学にしようとしてるんしょうねw どれだけ単位をとれば卒業可能なんでしょうか^^;

決して理不尽ではなく、すぐ体力が減る事を考慮してか、あちらこちらに回復アイテムがおいてあるって中々の親切設計だと思います。
どっかのキテレツ大百科のFCゲーとは大違いです。

有野課長が「ご臨終~」で手をあわせたとこが一番印象に残ってます(笑)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。