スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

呆れ果てたものだな

太田出版の「絶歌」がさまざまな意味で有名になっているのを見て、ふと思い出してこの本について久方ぶりに見てみたら…

KAGEROU (著:齋藤 智裕)

以前見たときよりレビュー増えてる…。
うん、Amazonレビューも所詮は匿名であって好き勝手書けるのだなぁと呆れ果てるばかりですな。
焼芋作るために焼くだとか窓拭きに使うだとか…書いてて恥ずかしくないのかな。
なお私は読みました。読んだ上で「これで大賞はちょっとなぁ」と率直に思いました。

「絶歌」も叩かれまくりだけど、大半が大田出版や少年Aが匿名なことに対してばかり。
確かにやったことは許された事ではないのでしょうけど、ほんとに読んだの?って意見も多いような。
買わずともレビューできるAmazonのシステムにも、少年法並みの問題があると改めて実感です。

「絶歌」も読んでみようという気持ちは少しながらありますが、手に入るかが問題…いや、手に入らないほうがいいのかもしれませんが。
いっそ回収になってそのまま忘れてしまったほうが幸せなのかもしれない。どうにも「絶歌」はうかつに手を出すには危険すぎる代物のようですので
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。