スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深夜12時学校で

あの腐界に眠る王女のアバドーン(リンク先成年向けにつき注意!)で有名なサークルさくらぷりん様の新作、「深夜12時学校で」が公開されてました。

今回はR-15くらいなので、多くの方は安心して遊べる作品となっております。

かの有名なホラーゲームである「いちろ少年忌譚」よろしく、夜の学校に閉じ込められてしまった主人公・ケンゴが、憧れのちな先輩と一緒に学校から脱出を試みるゲームです。
対象年齢をさげたのと、まだ序盤も序盤なためか、そこまで怖い要素はないかな。といった感じ。
寧ろ、不意をつく形で鳴り響いた携帯をさがすのに一苦労する印象のほうが圧倒的に強いです。
そのうちアバドーンで恐怖の存在や蠢くものに襲われたときよろしく、あの音楽と一緒にハイド&シークモードにはいってほしいけど実装されているか否かはさくらぷりんさんのみぞ知る…

ちなみに、ゲームをはじめてすぐセーブするスタイルの人は注意したほうがいいでしょう。
このゲーム、なにをトチ狂ったか(ほめ言葉)セーブ時の効果音が女性の甲高い悲鳴という、ありそうでだれもやらなかった(※私の知る限り)ホラー要素が詰め込まれているのです。
セーブ時くらいなら大丈夫だろうとたかをくくっていると驚かされること請け合いである。

なお、本編の最中にこんなものを発見。
スウィートほむら

どうみてもアバドーンです。本当にありがとうございました。
きっちりと分かる人には分かるように仕込むあたりはさすがといわざるをえませんでしたw
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。